2011年05月02日

洋画「GAMER-ゲーマー-」 2009年

製作: 米
年数: 2009
時間: 95
出演者: ジェラルド・バトラー マイケル・C・ホール アンバー・ヴァレッタ ローガン・ラーマン
内容: 「300 <スリーハンドレッド>」のジェラルド・バトラー主演で放つSFサスペンス・アクション。2034年、天才クリエイターが開発したオンライン・ゲーム“スレイヤーズ”では、脳手術を受けた生身の人間が遠隔操作され、激しい戦闘を繰り広げている。無実の罪で投獄されたケーブルは“30回勝ち抜けば釈放”という条件にあと1回と迫っていた…。


レンタルよりお安く 「GAMER-ゲーマー-」 をGETしませんか?
http://pixy.to.cx/69_2144.html

  
ムービーアイ倒産によってこの映画の行方を心配していたが、無事にショウゲートの配給で公開が決まってよかった。。ジェラルド・バトラーの近未来もので、彼はシリーズ化できそうな映画の主役になりたがっているそうだが、この映画では無理だろう。アメリカでの興行も散々だった。だが話はまあまあ面白い。

設定は今から数年後の世界中が経済破綻した世界。タダ一つ、ゲームだけがみんなの娯楽で、ケンと言う男が作ったゲーム、”スレイヤーズ”により、彼は大金もちになっていた。このゲーム、人間が人間をコントロールする、すなわちバトルゲームなのだが、センサーがコントロールされる人間についており、ゲーマーの体の動き通りに動く。そして撃たれると死ぬことになる。よってゲームで戦ってる人間は死刑囚。この戦いは30段階まで続き、最後に生き残るは誰かというゲームだ。もちろん生き残ったファイターは死刑を免れシャバに出れる(あれ、『デスレース』と一緒だ!)。ケーブルは既に28段階まで勝ち進んでいる。彼をコントロールしているのは17歳の少年、サイモンだ。ケーブルにとって、名声入らない、早く、ゲームを勝ち抜き、妻と娘に会うことだけが願いだった。最後の彼の敵はハックマン、彼は人間によってコントロールされていない。ゲームの運営会社としては、早くケーブルを殺したがっていた。だがケーブルにも見方がいて、最後のバトルへと臨む。。。

ジェラルド・バトラー、『300』並みに体をはってがんばっています。彼は熱演しているけどどうもお話がしっくりこないというか、いろいろな過去の映画のミックスになっていて、新鮮味がない。最後はどうなるかと予想も付きやすいしね。でも俳優たちはいい人たちばかり使っているので、見ごたえはある。このゲームを開発した男を僕も大好きなテレビシリーズ『デクスター』のマイケル・C・ホールが演じていて、最後にはケーブルとの肉弾戦も用意されているし、粋なダンスも披露する。

脚本は、もう少し練った方が良かったかもしれないが、アクションシーンが満載なのでそんなの関係ないか?ゲームにはまっている人たちはこういうゲームが現実にあるといいと思うに違いない。死刑囚は日本にも沢山いるし(笑)。


http://pixy.to.cx/index.html
人気の新作映画・ドラマ・音楽がびっくり価格で販売中♪
posted by Pixy at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。